【ホテルについて】

流光輾轉-光陰は転とする
京都温泉会館(元は京都ホテルだ)は30年しばしば経験して歳月を流して、目撃証言して日時代の北によってやさしい郷の立身出世とにぎやかさを投げて、夜の景色は軽くなって絶え間ない行商人と歌妓を合わせて、往来が頻繁な大通りと路地のオートバイ、あのキャシー、空気の中で度々がやがや騒いでいる酒のこぶしの音と世の変転歌曲、朝歓は今のところ暮れに宴会の光景はすでにもう1度なくて、取って代わりますの鉛白あとでの清浄な原色をきれいに洗うのです。

昔の幕が下りることに従って、晩秋に京都は新しい顔かたちがあって、同時にこの季のために新しい扉をもかきます。

京華新象-京の華新は似ている
細長く立ち上る山林の中の京都温泉会館に聳え立って、静寂な環境の中で自然な林木をいて、そしてと昔台銀の寮は連れで、思わず人に今夕方と何夕方の時空の錯覚があらせます。全体の建築風格の上で以前濃厚な日本式気持ちに続いて、それ以外に更にいくらかの禅風逸脱の趣を加えて、花や木がある庭の竹林、石明かりの瓦の1景の1物全てはっきりと現れる極致の簡潔な形態だであろうと、静謐でさっぱりしていて上品な空間の表情をあらわします。

禅風と上品なスープのは出会って再び京都を描写しだす風采、謎の新しく旧友が恋しい良いスープ者はそれから記憶の中で新しい落ち着き先があります。